朝ノオト

だいたい毎朝、あるいはたまに、朝、詩みたいなのを書いて吐き出します。

夏を終わらせて

 

           f:id:turedure-lab:20171012230151j:plain

 

秋を感じる間もないうちに、肌寒い日がおもむろにやってきた先週だったので、

急かされるような胸騒ぎに、取り急ぎ、夏を惜しむのと終わらせるのをしましたよ。

今年はこいつに決めた!と制服みたいに着ていた開襟シャツをしまって、お気に入りにブルゾンなんかを引っ張り出してきた週末だったのに、随分と暑い日々が続いていますね。夏の終わりのセンチメンタルを返して欲しい。

とはいえ、暑さになど屈せず、まだまだ振り返ります。

夏をエンジョイしたい時期に悶々と迎えた大学院入試、ついに会うことなく終わってしまった正体不明の恋愛、イタリア美女が眩しかった海外旅行、いろいろあったようで何もなかった感じもするのは夏休みにはつきものな感情です。

夕方のニュースでは秋をすっ飛ばして冬がやってくるなんてことを言っていました。

春夏秋冬、季節は巡るみたいな名前をつけてはいても、気温や室温のグラフはきっと規則的な線を描くのだろうけど、春も夏も秋も冬も、その時の感情を肉にしてしまう概念だからこそ味わい深くて、戻っては来ないよね。なんて考えてしまうのは季節の変わり目のせいでしょう。秋、もしかすると冬を迎える準備ができている人たちに笑われないように、この夏を終わらせましょう。

 

「夏のための六首」

香るでは 留まりおれぬ 金木犀
あせつても吹き 半袖も過去

秋風に 衣かえ色めく さざめきは
木立ではない はしゃぐ人間

うたた寝の 降りてプツプツ 鳥の肌
撫でる腕に 乗り過ごしたか

開襟の 過ごした熱の こもる胸も
いえなかった 夏は水玉

明石行き まばらなひとを 眺めみた
電車つくころ 海は冷えたよ

月が半分 と君の言った はじめまして
今日、満ちたと じわりはにかむ

 

夏に友達に教えてもらって、読んだ穂村弘

普段は定型のない詩を書きますが、教えてもらった作品が素晴らしかったので、つい影響されて短歌を書きました。その実、整理のつかない感情も三十一文字のリズムに乗せて仕舞えば、腑に落ちてしまう感じがします。快感にはならない気持ちでも、悪くはないです。

短い言葉に一瞬の、それでいて鮮明で情報過多な感情を包み込ませてしまうのは静かなシャウトである感じもします、放り投げるのと同義であるような不安。

投げ出すようだと言ってはいても、電車で行った須磨の砂浜で読んだ何首か、あるいは何編か、そして自分で詠んだ何首かにはしっかりこの夏の気持ちを取り込まれた気がします。

 

 

回転ドアは、順番に (ちくま文庫)

回転ドアは、順番に (ちくま文庫)

 

 

ドーナッツの穴

ドーナッツの穴について考えよう。

 

ドーナッツを作る人はドーナッツの穴に気づきもしない。それは穴ではなくて、生地を丸くつなぎ合わせた時にできるものであって、ドーナッツでない部分。生成の瞬間を知っているし、意識しない。揚げる時、効率的に熱が行き渡る形状。ドーナッツはリングであって、穴なんてない。

 

ドーナッツを食べる人は、出されたその物体に穴があると認識する。本来あるはずの生地の中心がくり抜かれてしまったように見える。それの作られ方を知らないから、今の状態しか見えないから、穴が見える。ドーナッツをその他の小麦粉の塊のお菓子ではなく、ドーナッツたらしめる、愛らしい穴。

 

あるものが作られる前、作られた後、観察を始める時点の差異が認識の違いを生んだりする。それは時として、ドーナッツに穴を見つけたりする。ドーナッツを作った人にとってそこに開いていた穴は結構面白い発見だったりするのかもしれない。

 

おしまい

夜はパソコンの明かりとスピーカの音、ひっそりと

        f:id:turedure-lab:20170908001807j:plain

なにが朝ノオトだって感じの投稿時間だけれど仕方ない。

書くようなこともなくても書きたい欲求だけはある夜だから、こんなありがちな夜だからいつもの如く薄暗いこの部屋でのことが今日のすべて。

寝られない夜の出来事というのはたいてい代わり映えのしないもので、あるのはパソコンの薄明かりとスピーカーから小さく流れる音楽だけ。繰り返し繰り返し同じ夜にやってくるみたいに進展がない夜で、時計と音楽だけが時間に沿って流れていく仲間はずれの一人遊びです。

だから僕は僕の夜に流れる音楽のことを書こう。

 夜だから聞きたい音楽が変わるなんてことは案外あまりなくて、それは壮大な風景を前にしてスケールのおっきな音楽が聴きたくなるみたいな原因と結果になるような要因が何にもない夜にはやはりないからで、いつも電車の中で耳をふさぐみたいに聴いている音楽をこそ夜には聴きたくて、もっと元をたどれば人工透析みたいに自分の中の持続する思考や感情をそれなりの濃度で循環させてくれるような音楽を繰り返しくりかえす。

 

八十八ヶ所巡礼はノイジーで意味不明でやたらぐちゃぐちゃと音をかき鳴らすバンドで、確信犯的なナンセンス集団。ハチャメチャなギターがベースがドラムが鳴っているのに乗った悪趣味なMVで繰り広げられる運動はよくわからなくて心地よくないけれど、そんな雰囲気全体が僕が住むこの街みたいで、妙なフィット感だけある。大好きじゃないけれどたしかに自分の浸透圧はこんなもんなんだなと耳障りな音の中でいつも思う。

 

最近たまたま聴いた曲、デッカチャンがやたらと旨そうに水をガブガブやる姿がやけに気持ちの良いのを見ていたら、この「ニガミ17歳」という人たちにやや病みつきになってしまった。パラノイアのように同じフレーズを歌い続けるけれど、それでいてメロディはとっつきがいい、キャッチー。顔チワワ体ブルドックみたいな不釣り合いが僕は大好きなんだけれどまさに、そんなポップさを感じた。そんなもんを感じてしまったもんで好きになった。あとキーボードの子が可愛い。

 

ゆらゆら帝国はいわずとしれて素晴らしい。世代が違う僕が聴いてもこりゃかっこいいとわかるものがむき出しである。好きな曲はいろいろあるけれど、夜行性の〜が総合的に一番クールだと思う。客観的な日本のクールさのまとまりとしてでなくて日本的なものの主体として鳴らしているように聞こえる。とにかく本物っぽく聞こえる。三味線とか、踊りとかまさにそれらしいものでも構成してるのに現在進行形の輝きがある。かっこいいな、敵わねえ。比べる必要なんてないのだけれど、サカナクションの夜の踊り子も童謡のような雰囲気を持っていて同種のかっこよさを響かせていて、その曲もやはりすごいのだけれど、それでも、ゆらゆら帝国はすんげえなと思わされる。

 

女性のウィスパーボイスが流れていたらそれでいいんじゃないかと思うほど、僕の趣味はそっち方面にストライクゾーンが広いのだけれど、この曲はそれを差し引いても面白い。断片の繰り返しが脳みそを緩めていくから浮遊感が気持ちいい。女の子のポエトリーリーディングまで聞こえてくるもんだから脳みそはとうとう蕩ける。

相対性理論だってもちろん好き。でもこの曲も好き。 

 

僕のこんな趣味をspotifyはよくわかってくれているので、こんなどストライクな曲にだって巡り会える。なんてハッピーでゆらゆらした調子でいける曲なんだといつも思う。内情はどうであれ皮膚くらいの深度ではこんな幸福な人生を、仮面みたいに取り繕って生きれたらそれは最高に健やかでクールな戦いで芸術だと思う。つまりこのFrascoという人たちはかっこいいアーティストでよく響かせてくれる。

 

馴染みのある夜だけれど、無事に今日は眠たくなってきたのでここでおしまい。

おやすみなさい。

時間が止まるほどの一瞬にずっと晒されていたい

          f:id:turedure-lab:20170906125828j:plain 

今日、バイト終わりのエレベーター前でとても魅力的な人とすれ違って、あまりにも素敵で時間が止まったように、ただただ見とれてしまったあの一瞬のことが書きたかっただけ、本当にただそれだけ。

あまりに素敵な瞬間があまりに突然やってくるもんで、あの瞬間を僕は、ちゃんとそれらしい姿勢で、表情で迎えることはできなかった。多分、鳩が豆鉄砲を食ったような間抜けな顔でいたに違いない。自分の姿は自分には見えないのだけれど、それでもわかるものってのがあって、あの時、僕は完全にきっと思考停止していた。女性の顔を通りすがりにまじまじと眺める行動がその証明出し、なんなら口も開いていたかもしれない。それほどまでに吸い込まれそうなほどのあの大きな瞳の印象だけが忘れられずにいる。もうあの女性の顔も思い出せないのだけれど。

あの人が誰だったかとか、どうでもよくて、来週も会えるといいななんて考えたりするのだけれど、それも結構どうでもよくて、大事なのはあの、一瞬がすごく絶対的で没頭する感覚で、記憶する暇もないくらいに経験したあの一コマ一コマの充実感なのだと思う。僕は間違いなく、ああいう瞬間のために生きている。思い出せもしないあの時間のためだけにいつでも思い出せる平凡な日常を生きている。

ただただ、自己矛盾を感じるのが、最高の一瞬のために生きているのに、それを最高の状態で迎えられない、あるいは最高に合わせて僕自身も最高になれないことで、だからこそ、とびきり魅力的な女性の横をバカな顔して通りすがってしまったりもする。

せめて背筋を伸ばしたいね、口を閉じたいね、できればちょっと微笑みかけたりもできるような人間になりたいね。

不意に訪れる絶対的な瞬間のためにできることは、日常から自己ベストでいることただそれだけだが、逆に、あのとりとめもなく続く日常があの瞬間との境目、波打ち際であることもまた事実で、輝き出す。

そんなことを書いてる僕はお昼を済ませて眠い顔でPC前に座っているし、シャワーも浴びずにブログに取り掛かったもんで、足もなんだか臭い。さしあたっては、シャワーに行こうかと思うけれど、この腹回りの肉も、例えばあの女性の横を通り過ぎるのには不恰好すぎるようなので、少し河川敷を歩いてこようか。近所の河川敷とはいえ、素敵な人に会えるかもしれないのだから、あの瞬間がやってくるのかもしれないから、ちょっとちゃんとした格好で行こうと思う。

せめてタイトルみたいな言葉を

 

              f:id:turedure-lab:20170904223906j:plain

 

一日の終わりか始まりに、せめてタイトルみたいな言葉くらい欲しい。

そんな風に思ってはいても日常はどうやらドラマティックには進まないみたいです。

部屋には性能のいいパソコンもあるし、ネットもある、横を見ればギターがあるし、隣の家にはピアノがある、というか声があるし体もある。

ドラマティックの主役を張るようなあれこれが僕のうちでは元気がない。

高性能のパソコンを前にただ黙っているのは僕。

もどかしさを染み込ませて背骨にしてしまったこの体で、のそりのそりと歩くこともなく、モニタを眺めて言葉を練る。

絵も歌もこの手に取れない、星空のような圧倒的ロマンティックだから本気にはなれない。なんとかできないものには、こんな僕でさえも素晴らしいねと人畜無害に笑い泣く人にしてしまうから嫌いだよ気持ち悪いもの。それは優しさではないのよ、本当ではないのよ。とわかりつつも体が口が動くことの気持ち悪いったりゃありゃしない。

だから、一日中身体中を這っているこの言葉をこそどうにかしてやろうとするのですが、奴は日向で見るトカゲ、鮮やかな尻尾だけ光らせて手をすり抜けていく生き物です。

僕のとかげね、きっと可愛いんだ、素敵なんだ。

するり、尻尾はすぐに忘れてしまう青い流線を描いていく。

言いたいことなんて別になくても、言葉が体の気持ちいいところを伝っていくことはあって、見えない色を網膜に見せることはあって、だからもう少しだけ弄っていたいのです。自分のために。

せめてタイトルみたいな言葉でいいから、なんでもないこの一日をそれで良かったのだと思えるような一行を、この毎日に飾れたら。